「ユニバーサルデザインの現場」を知りつくしたプロが教える。だから、満足度がちがいます。

ユニビズの公認講師とは

ビジネスや現場の経験豊富なプロの講師が教える!

ユニビズの公認講師になるには、「公認インストラクター試験」に合格するだけでなく、厳しい条件すべて満たす必要があります。

ユニビズの公認講師3つの条件
  • ビジネスや現場の第一線で活躍して来た経験(現場経験が豊富・10年以上)
  • 人を惹き付ける講師スキル(教員経験や講師経験・10年以上のベテラン)
  • 実利用者研究への参加経験

講師の紹介

全国どこでも駆けつける!

岡村講師
実力派熱血講師 岡村正昭先生
大手通信企業で現場責任者として人材教育を行った経験から実践的なトレーニングによる人材育成の面白さを実感。自分が一生をかけても教えたいと思えるようなコンテンツを探し求め大手人材会社等を経て、IT系ベンチャー企業で、運営責任者として従業員(100名程)のマネジメントと人材育成を経験
…続きをよむ

広島で幅広い年齢層に人気!

松尾兆郎先生
一級建築士 松尾兆郎先生
大手ゼネコンで1級建築士として公共建築の設計に関わっていた経験の中で、条例の基準をクリアするだけで中身が伴っていないのではないかという問題意識を持つ。バリアフリーを学び直す中で、自分が求めていたのはバリアフリーではない事に気づく。
…続きをよむ

医療・介護での豊富な事例は圧巻!

大澤智恵子先生
看護師 大澤智恵子先生
まさにフランスベッド福祉用具利用・活用体験談で最優秀賞を頂いた年に出会ったのが、実利用者研究機構のカリキュラム(現ユニビズカリキュラム)とユニバーサルデザインコーディネータ資格だった。
…続きをよむ

パラリンピック・オリンピックはお任せあれ!

服部たろ一弘先生
服部たろ一弘先生
1986年北米大陸一周バイクツーリング中カナダで交通事故に遭い車椅子利用者となるが、2000年にはやり残したツーリングを3輪バイクで完結。アテネオリンピックでの建物チェックの実績もあり、国際障害者スポーツ写真連絡協議会 副理事長、特定非営利活動法人 ユニバーサルイベント協会 理事もしている服部先生
続きをよむ

ユニビズのユニバーサルデザイン集団研修受講の様子を写真で紹介します。

写真でみる受講風景

ユニバーサルデザイン集団研修のようす
企業向けの研修では、その企業の方向性や、商品特性に合わせて内容をカスタマイズ。プロジェクト実績の豊富な「実利用者研究機構」の講師だからこそ。
ユニバーサルデザイン集団研修のようす
学んだ事を、即、実践。自分の担当商品に直接活かす。実効性の高さが人気の秘密。ガイドラインで見落としがちなポイントを網羅するために研究開発されたオリジナルの教育内容も自慢です。
ユニバーサルデザイン集団研修のようす
実習では、プロジェクト実績を持つ講師より直接アドバイスを受けながら形にしていく。「自分では気付けない視点」に目からウロコと大好評。。
ユニバーサルデザイン集団研修のようす
有意義なディスカッションは、実は事前のチーム分けに鍵がある。事前打ち合わせでのアドバイスにも、大きな気付きが沢山。
ユニバーサルデザイン集団研修のようす
周りの受講生からも刺激をもらえる、実習の成果発表と合同レビュー。ポイントの1つは、受講生を本気にさせるファシリテーション。
ユニバーサルデザイン集団研修のようす
キットをつけるだけなら誰でもできる。品質の違いは、「気づき」多さ、そして正確さに現れる。やるなら是非、高品質な疑似体験を。
ユニバーサルデザイン集団研修のようす
すべては、体系的な知識と豊富な経験で、受講生の感じた事を「勘違い」と「気づき」に分別できるプロフェッショナル講師がいるからこそ、実現できる。
ユニバーサルデザイン集団研修のようす
今も第一線で企業コンサルテーションや共同研究を数多く行っています。実際の現場、プロジェクトに関わってきたからこそ、できる授業があります。