昨年に引き続き、富士レークホテル※にて、新入社員向けUDコーディネーター基礎研修を実施しました。

研修では、「利用者の多様性の理解(基礎編)」や最近、テレビでも話題の「疑似体験キット」を実際のお客さまと同じ利用状況で体験して、多くの気づきと自社の良いポイントを再発見して頂きました。

同日に幹部社員向けに、4月から施行された「障害者差別解消法」について、ホテル・サービス業におけるリスクや問題となるポイント、また有効な活用方法について、サービス業における合理的配慮と共に研修しました。

 


【開催研修】
■「新入社員向けUDコーディネーター基礎研修」
■ホテル・サービス業向け「障害者差別解消法に特化したUDスキルアップ研修」

【参加者】
・2016年度の新入社員
・幹部社員


※富士レークホテル(http://www.fujilake.co.jp/
日本一の富士の麓 誰もが幸せになれるユニバーサルリゾートをコンセプトに掲げたリゾートホテル。内閣府より「バリアフリー・ユニバーサルデザイン優良施設」として、平成23年度「全国優良賞」受賞。毎年、新入社員向けのユニバーサルデザイン基礎研修と定期的な従業員へのUDスキルアップ研修を実施中。

実利用者研究機構では、15年にわたる実際の利用者の多様性について、様々な研究を重ねてきました。中でも、「障害者差別解消法」のポイントとなる「合理的配慮」について、企業としてより成果を出すための具体的な考え方について、研究し教育プログラムを提供しています。
今回の研修では、ガイドラインでは対応することが非常に難しい「合理的配慮」について、ホテル・サービス業における具体的なポイントと考え方をお伝えしました。

 

実研(ジツケン)の集団研修について

実利用者研究機構では、体験型集団研修「ユニビズ」を実施しています。http://unibiz.org/
企業単位での集団研修ですので、部署ごとでの研修、部署を横断しての研修、新入社員向けの研修など、さまざまなカスタマイズが可能です!
ご興味がある方は、お問い合わせください。